腎生理研究

腎生理研究グループ

責任者

堀田 晶子

構成員

スタッフ 堀田 晶子 医学部 臨床実習・教育支援室 助教
中村 元信 腎臓・内分泌内科 助教
佐藤 信彦 感染制御部 助教
大学院生 塚田 弘之 大学院3年生
水野 智仁 大学院2年生
技術補佐員 阿施 智子
OB 関 常司 焼津市立総合病院 院長
鈴木 正志 東京学芸大学 保健管理センター 教授
谷口 茂夫 東京織物健保組合診療所 所長
国見 基榮 秦野赤十字病院 腎臓内科 部長
山崎 修 帝京大学 医学部 講師
遠藤 陽子 日本医科大学 解析人体病理 助教

研究テーマと最近の成果

当研究室では,腎尿細管イオン輸送機構,特に近位尿細管のナトリウム輸送体の解析,各種ホルモンのナトリウム・酸塩基輸送に及ぼす影響,高血圧発症機序などについて研究を進めています。

1.腎近位尿細管基底側のナトリウム-重炭酸共輸送体(NBCe1)の変異が近位尿細管性アシドーシスの原因となることを発見し,以後NBCe1の機能解析を中心として,近位尿細管のナトリウム・酸塩基の輸送メカニズムや,近位尿細管のイオン輸送体と全身疾患との関連について研究を進めています。(主要業績 1, 2, 4, 5, 6, 7, 9, 11)

2.インスリン,アンジオテンシンII,NOなどのホルモンが,近位尿細管のナトリウム輸送に及ぼす影響について研究を重ねてきました。その結果,インスリン抵抗性存在下での血圧上昇の一因について解明し,現在もさらに近位尿細管における糖代謝とナトリウム輸送,血圧調節との関連について研究を進めています。(主要業績 3, 8, 10)

私たちと一緒に研究しませんか?
共同研究等のお問い合わせは,下記連絡先までお願いいたします。

主要業績

1. Satoh N, et al. Effects of Nitric Oxide on Renal Proximal Tubular Na+ Transport.
Biomed Res Int. 2017;2017:6871081. doi: 10.1155/2017/6871081.

2. Horita S, et al. The role of renal proximal tubule transport in the regulation of blood pressure. Kidney Res Clin Pract. 2017;36:12. doi: 10.23876/j.krcp.2017.36.1.12. (invited review)

3. Satoh N, et al. A pure chloride channel mutant of CLC-5 causes Dent’s disease via insufficient V-ATPase activation. Pflugers Arch. 2016;468:1183. doi: 10.1007/s00424-016-1808-7.

4. Nakamura M, et al. Stimulatory effect of insulin on renal proximal tubule sodium transport is preserved in type 2 diabetes with nephropathy. Biochem Biophys Res Commun. 2015;461:154 doi: 10.1016/j.bbrc.2015.04.005.

5. Nakamura M, et al. Preserved Na/HCO3 cotransporter sensitivity to insulin may promote hypertension in metabolic syndrome. Kidney Int. 2015;87:535. doi: 10.1038/ki.2014.351.

6. Shirai A, et al. Angiotensin II dose-dependently stimulates human renal proximal tubule transport by the nitric oxide/guanosine 3′,5′-cyclic monophosphate pathway. J Am Soc Nephrol. 2014;25:1523. doi: 10.1681/ASN.2013060596.

7. Endo Y, et al. Thiazolidinediones enhance sodium-coupled bicarbonate absorption from renal proximal tubules via PPARγ-dependent nongenomic signaling. Cell Metab. 2011;13:550. doi: 10.1016/j.cmet.2011.02.015.

8. Suzuki M, et al. Defective membrane expression of the Na+-HCO3 cotransporter NBCe1 is associated with familial migraine. Proc Natl Acad Sci U S A. 2010;107:15963. doi: 10.1073/pnas.1008705107.

9. Zheng Y, et al. Roles of insulin receptor substrates in insulin-induced stimulation of renal proximal bicarbonate absorption. J Am Soc Nephrol. 2005;16:2288. doi: 10.1681/ASN.2005020193.

10. Horita S, et al. Functional analysis of NBC1 mutants associated with proximal renal tubular acidosis and ocular abnormalities. J Am Soc Nephrol. 2005;16:2270. doi: 10.1681/ASN.2004080667.

11. Horita S, et al. Biphasic regulation of Na+-HCO3 cotransporter by angiotensin II type 1A receptor. Hypertension. 2002;40:707. doi: 10.1161/01.HYP.0000036449.70110.DE.

12. Igarashi T, et al. Mutations in SLC4A4 cause permanent isolated proximal renal tubular acidosis with ocular abnormalities. Nat Genet. 1999;23:264. doi:10.1038/15440.

近年の受賞歴

堀田晶子:2013年 東京医学会医学研究助成金
中村元信:2016年 日本腎臓学会 学術総会 会長賞,2014年 同 優秀演題賞,2012年アメリカ腎臓学会(ASN)Top of abstract
佐藤信彦:2016年 東京医学会医学研究助成金,2013年 日本腎臓学会 学術総会 優秀演題賞
山崎 修:2012年 日本大学医学部研究助成金

お知らせ

当研究室で実施中の臨床研究:「ヒト腎組織を用いた腎輸送体機能の解析」
(東京大学 大学院医学系研究科・医学部 倫理委員会 承認番号2520-(10))
※本研究にご協力いただいている患者さんで、同意書の撤回を希望される場合、またはご不明な点等がございましたら、下記連絡先までお問い合わせください。

連絡先

堀田 晶子 email: horitas-int @ h.u-tokyo.ac.jp (コピペ・自動入力不可,直打ちにてご入力ください)