乏尿

乏尿とは、尿量が減少し一日の尿量が400ml/日以下となった病態をいいます。大きく分けて、

  1. 脱水などによる腎前性乏尿
  2. 腎障害による腎性乏尿
  3. 尿管・膀胱・尿道の閉塞による腎後性乏尿

に分類されます。
乏尿の状態が長期間持続すると、本来尿から排泄されるべき物質が体内に蓄積し、嘔気・嘔吐や不整脈などを来たすことがあります。
血液検査や尿検査、超音波検査等適切な検査を施行し、原因を調べ治療を検討することが必要です。