血尿

尿に血が混じる状態を血尿と呼びます。尿が赤くなる肉眼的血尿と、色の変化は分からないが尿検査で赤血球が検出される顕微鏡的血尿に分かれます。
腎臓や尿管や膀胱といった尿の通り道(尿路)に何らかの異常が起きている状態で、腎臓の疾患では、顕微鏡的血尿となることが多いです。
血尿の原因としては、体質によるものなど心配のない場合もありますが、腎炎など腎臓の疾患の他、尿路の感染症や結石、腫瘍などがあります。
血尿を認めた時は、検査を受けて種々の病気がないことを確認しておきましょう。