急性腎障害(AKI)

数時間から1週間程度の経過で腎臓の機能が低下する病態を急性腎障害(AKI)といいます。機序として、脱水などによる腎臓の血流の減少、薬剤や長期間の血流低下などによる腎臓そのものの障害、腫瘍や結石などによる尿の通りみちの閉塞があります。
診察や検査により、疑わしい原因を明らかにし、原因の解除を目指します。
原因が解除されれば、数日間で腎機能は改善することが多いですが、腎臓そのものに障害がある場合は改善に数週間から数ヶ月必要です。また完全には改善せず慢性腎臓病に移行することもあります。
体内のバランスを維持できないほど腎機能の低下が重度の場合(急性腎不全)は、腎臓の機能を代替するため、改善するまでの期間血液透析を行うこととなります。