分子循環代謝病学研究グループ

分子循環代謝病学研究グループ

責任者

藤田 恵

構成員

スタッフ(MD, PhD)藤田 恵(助教)

研究内容

「高血圧の発症と臓器障害の進展メカニズムに関する基礎的研究」
私共の研究室では、医師として診療に取り組む中で直面した解決すべき事象に問題意識を持ちテーマを掲げ、主に高血圧および高血圧に伴って生じる臓器障害の進展メカニズムに関する基礎的研究に取り組み、特に「酸化ストレス」や「交感神経活動亢進」、「レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(R-A-A-S)」が重要な役割を果たしている可能性を報告してきました。動物実験がメインですが、診療の場面で接する患者様の病態に則したモデル(高脂肪食負荷肥満モデル、高食塩食負荷高血圧・腎障害モデル、等)にこだわり臨床を意識した基礎的研究を行い、研究室出身者全員が現在も臨床医師として活躍しています。研究室責任者の藤田は、特に肥満・メタボリックシンドロームに伴う高血圧に着目し「酸化ストレスを介した中枢性交感神経亢進」が重要な役割を果たしていることを解明、報告してきました。現在は、重要な内分泌性因子R-A-A-Sが交感神経亢進に関与している可能性について検討を続けています。

業績

  1. Fujita M, et al. The Role of CNS in the Effects of Salt on Blood Pressure. Curr Hypertens Rep. 2016; 18(2): 10.
  2. Fujita M, et al. The Role of CNS in Salt-sensitive Hypertension. Curr Hypertens Rep. 2013; 15: 390-394.
  3. Fujita M, Ando K, Kawarazaki H, Kawarasaki C, Muraoka K, Shimizu H, et al. Sympathoexcitation by Brain Oxidative Stress Mediates Arterial Pressure Elevation in Salt-induced Chronic Kidney Disease. Hypertension 2012; 59: 105-112.
  4. Kawarazaki H, Ando K, Fujita M, et al. Am J Physiol Renal Physiol 2011; 300: 1402-1409.
  5. Ando K, Matsui H, Fujita M, et al. Protective effect of dietary potassium against cardiovascular damage in salt-sensitive hypertension: possible role of its antioxidant action. Curr Vasc Pharmacol. 2010; 8: 59-63.
  6. Nagae A, Fujita M, et al. Sympathoexcitation by Oxidative Stress in the Brain Mediates Arterial Pressure Elevation in Obesity-induced Hypertension. Circulation 2009; 119: 978-986.
  7. Matsui H, Ando K, Kawarazaki H, Nagae A, Fujita M, et al. Salt excess causes left ventricular diastolic dysfunction in rats with metabolic disorder. Hypertension 2008; 52: 287-294.
  8. Fujita M, et al. Sympathoexcitation by Oxidative Stress in the Brain Mediates Arterial Pressure Elevation in Salt-sensitive Hypertension. Hypertension 2007; 50: 360-367.
  9. Fujita M, et al. Sympatho-inhibitory Action of Endogenous Adrenomedullin Through Inhibition of Oxidative Stress in the Brain. Hypertension 2005; 45: 1165-1172.