平成24年度 腎臓内科 診療内容・実績

投稿日:2013年8月22日|カテゴリ:腎臓内科 診療内容・実績

腎臓グループでは急性腎障害、慢性糸球体疾患、CKD教育入院、末期腎不全患者の腎代替療法導入など、幅広い疾患を扱っています。

初診外来は平日午前中に開設しており、他病院・医院からの紹介患者様、検診で尿所見異常や腎機能以上を指摘された方を積極的に受け入れております。

東大病院外来予約センターでの予約後の受診をお願いいたします。

平成24年度 実績一覧

(腎臓・内分泌内科として)

外来 26,776人(564人) 入院 8,645人 (424人)

( )内は新入院患者数あるいは新来外来患者数を示す

主な疾患別入院患者数

腎生検 33人
血液透析導入および合併症 73人
腹膜透析(PD)関連 6人
腎移植 5人
腎不全保存期 149人
急性腎障害(AKI) 19人
ネフローゼ 35人
慢性腎炎(CGN) 70人
急速進行性糸球体腎炎(RPGN) 4人
その他 21人